トップページ  単結晶基板 > 高純度金属単結晶基板 / ナノクリスタル(薄膜単結晶)

高純度金属単結晶基板/ナノクリスタル(薄膜単結晶)

                    

電気化学・表面科学関連のご研究、高伝導性を必要とする各種センサー関連のご研究、  その他薄膜成膜用のターゲット材向けに、高純度金属単結晶基板やナノクリスタル    (薄膜単結晶)を販売しております。

K&RはAccumet Materials社(米)と日本総代理店契約を結び、同社の高品質な製品を占有して取り扱っております。

経験豊富な職人による優れた生産能力を活かし、定番商品であれば標準納期:3週間前後ご案内可能ですので、お急ぎで金属単結晶をご入用の研究者様からもご好評をいただいて おります。
 

< 取扱金属単結晶一覧 >

 

 Aluminum

(アルミニウム、Al)

 Indium

(インジウム、In)

Rhenium

(レニウム、Rh) 

 Antimony

(アンチモン、Sb)

 Iridium

(イリジウム、Ir)

Ruthenium

(ルセニウム、Ru)

 Bismuth

(ビスマス、Bi)

 Iron 

(鉄、Fe)

Scandium

(スカンジウム、Sc)

 Cadmium

(カドミウム、Cd)

 Lead

(鉛、Pb)

Silicon

(シリコン、Si)

Cobalt

(コバルト、Co)

 Magnesium

(マグネシウム、Mg)

Silver

(銀、Ag)

Copper

(銅、Cu) 

 Molybdenum

(モリブデン、Mo)

 Tantalum

(タンタル、Ta)

Dysprosium

(ジスプロジウム、Dy) 

Nickel

(ニッケル、Ni) 

Terbium

(テルビウム、Tb)

Erbium

(エルビウム、Er) 

Niobium

(ニオビウム、Nb) 

Tin

(スズ、Sn)

Gadolinium

(ガドリニウム、Gd) 

Osmium

(オスミウム、Os) 

Tangsten

(タングステン、W)

Gold

(金、Au) 

 Palladium

(パラディウム、Pd)

Vanadium

(バナジウム、V)

Holmium

(ホルミウム、Ho) 


 Zinc

(亜鉛、Zn)

→ メーカー商品ページはコチラ


太字で掲載している金属単結晶は特にお安くご提供できる商品です。

Auなどの希少金属につきまして、状況によってはご対応できないケースがございますので、  あらかじめご了承下さい。

その他金属単結晶や、合金単結晶・多結晶もご提供可能な場合がございますので、

ご要望の場合はお問い合わせ下さい。  


基本的にはお客様のご要望に基づいた受注生産となりますので、定番仕様はございません。お問い合わせフォームにご要望の仕様をご記載の上ご連絡下さい。           ご質問だけでの場合でもお気軽にご連絡下さいませ。


(1) サイズ        : ご要望をお聞かせください。

                   研究用途定番の10mmφはもちろん、材料によっては

                 2"φ等の大口径基板のご提供も可能です。


(2) 面方位・公差 ご要望に応じて製造しております。

                              オフ角、特殊方位も承っております。

           (図面のご提出をお願い申し上げます。)

                       面方位公差は < 0.5° (typ. <0.3°)です。

             

(3) 研磨加工      片面研磨、両面研磨にご対応可能です。

                                 (面粗さ:Ra < 0.01um)


(4) その他加工  : 穴加工、溝加工等に柔軟にご対応しております。

           ご要望の折は図面のご提出をお願い申し上げます。

 

(5) ラウエ写真 添付可能です(別途、追加料金要)    

 

 備考使用済みの基板の再研磨も承っております!

     経費削減をお考えのお客様はご検討下さい。他社製基板の再研磨も承ります。

      (数量によっては新規購入の方が安く済む場合がございます)


よくあるQ&A ~金属単結晶編~


Q: 金属単結晶の価格について

   なぜ金属単結晶基板は価格が高いのでしょうか?

A: 加工の難易度が段違いです

   加工が難しいことが主な理由です。通常の酸化物単結晶などとは異なり、

        金属単結晶の切断には高価な特殊装置(放電カッターなど)が必要とされています。

        加えて、面精度・面粗さを含め、綺麗に加工出来るようになるまでは10年以上の

    経験が必要とも言われる、職人技術の世界です。原材料価格に加え、そのような特殊 

    装置・技術が必要とされていることが金属単結晶の価格に反映されていると

        考えられます。