TiO2単結晶基板 (ルチル)

製品情報

サイズ 10x10mm
厚み  0.5mm、1mm 
研磨  片面エピ研磨、両面エピ研磨 
面方位

(001)、(110)、(100)等

TiO2単結晶基板(ルチル)は光学材料用途や、酸化バナジウム薄膜・透明導電膜の作製等に利用されている基板です。
K&Rでは、世界的にも著名な研究者様が採用されているCrysTec GmbH社製のTiO2基板を短納期(一部在庫あり)かつ、お安くご提供しております。
また、導電性を付与したNb doped:TiO2基板にも対応しておりますので、是非お問い合わせ下さい。

 

         Titanium dioxide                                                                      
結晶育成方法  ベルヌーイ
結晶構造  tetragonal
格子定数 (nm)  a=0.459    c=0.296
結晶カラー 淡黄色
密度 (g/cm3 4.26 
溶融温度 (K)  2100 
熱伝導率 (W/m K) 12.6//C    8.8⊥C 
比誘電率  200 
損失係数 (77K, 10GHz)  17x10-3 
硬度 (Mohs)  6.5 

※上記数値は保証値でなく、一般値です。

 

関連商品
□ TiO2基板  ( 面方位精度: +/-0.1°

  面方位の精度をシビアにすることで、超薄膜の作製に最適な、幅の広いテラス面を

  出すことが可能となります。K&Rは、そのようなシビアな面方位公差の基板も最小限の

  追加料金にて販売しております。

 

□ Nb-doped: TiO2基板

  導電性を付与したTiO2基板です。

  Nb0.05wt%、Nb0.5wt%の2種類を扱っております。