MgAl2O4単結晶基板 (スピネル)

MgAl2O4(スピネル)はMgOと異なり潮解性がなく、外気に対して安定しているのが特徴であり、磁性体関連を始めとして、様々なジャンルの薄膜作製に使われております。


その一方、熱拡散の影響などで結晶性にブレが生じやすく、品質の悪い基板が市場に出回っていることが多いです。


K&Rでは結晶性に優れた(下記ROCデータご参照)単結晶基板のみを販売しておりますので、安心してお使いいただけます。納期が長くなってしまう場合がございますので、ご検討いただける折はお早目にお声かけ下さいませ。

 

 

製品情報

サイズ 10x10mm、15x15mm、20x20mm
厚み  0.5mm
研磨  片面エピ研磨、両面エピ研磨 
面方位 (100)、(110)、(111)

 


     MgAl2O4単結晶基板 R.O.C データ(※拡大可能です)

   (ご協力:東京工業大学フロンティア材料研究所)



Magnesium Aluminium Oxide (Spinel)                                         
結晶育成方法  チョクラルスキー 
結晶構造  cubic 
格子定数 (nm)  a=0.8083 
結晶カラー  無色 
密度 (g/cm3 3.60 
溶融温度 (K)  2403 
熱膨張率 (10-6K-1 7.45 
硬度 (Mohs) 

 

※ 上記数値は保証値でなく、一般値です。