CaF2単結晶基板(フッ化カルシウム)

 CaF2単結晶基板はフッ化物の中で最もポピュラーな材料であり、薄膜関連用途では    
 主に鉄系超伝導薄膜の作製に用いられます。
 フッ化物基板の中では比較的コストを安く抑えられ結晶性も安定しており、扱いやすい 
 のが特徴です。

 K&Rが販売するCaF2単結晶基板は価格が廉価で、かつ良い特性が得られるとのご評価を
 各方面から頂戴しております。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 また、CaF2単結晶は優れた透過性・耐久性を持つため、光学窓としても定番の材料で
 あります。光学材料としてのCaF2につきましてはCaF2光学窓材のページにてご紹介    申し上げております。   
 

製品情報

サイズ 10x10mm、20x20mm、1"x1"
厚み  0.5mm、1mm 
研磨  片面エピ研磨、両面エピ研磨 
面方位 (100)、(110)、(111)
      Calcium Fluoride                             
結晶育成方法  キロプロス                   
結晶構造  cubic 
格子定数 (nm)  a=0.549 
結晶カラー  無色 
密度 (g/cm3 3.18 
潮解性 (g/ 100cm3) 0.0016 
溶融温度 (K)  1380 
熱膨張率 (10-6K-1 18.85 
比誘電率  6.76 
硬度 (Mohs) 

 

※上記数値は保証値でなく、一般値です。


→ CaF2単結晶基板のお問合せはコチラから